!セカダイ一期生開幕!

こんばんは♪

一期生、一番を目指して投稿しました笑

岡山県真庭市という田舎町に住む、岩本ことガンツです!

みなさんよろしくねーーー!!

これから初めて皆と対面で会えることにワクワクしながら書いている心境です(^^)

さて今日は、これから始まる「世界一周大学」(通称セカダイ)に入学を決めた理由を自分なりに書いてみようと思います!

節目の年。このままだと…

私は、大学生ではありません。今年30を迎えたアラサーになります。

私自身、定職に就いた期間はわずか1年半、残りは地域おこし協力隊や留学の経緯を経て現在は個人事業主として独立しています。

起業して一年半突っ走ってきた中で、定職を辞めるときに誓った「独立するという一つの目標を達成しました。

起業の最中は必死だったので、「成功させる」と言うことしか頭にはありませんでした。

(そもそも失敗すると明日のご飯の心配も必要だったので笑)

ようやく少しずつではありますが、落ち着きが出てきたのが1年を過ぎてでした。

新しい分野にも挑戦し、日々学ぶことが多い中で、ふと気づいたことがありました。

それは、30歳の年を迎えたということです。

自分が思い描いていた30歳とはかけ離れていることに対して焦りも何も感じませんでしたが、一つヤバイなと思うことが芽生えました。

「自分より若い人と話す機会が全くない」

田舎に移住して生活を送っていたこともあり、自分より年上の方から教えを頂く事は物凄くご縁に恵まれた為多かったのですが、年下の人と話す機会は皆無でした。

これは考え方が固執してしまう第一歩だなと思い、アンテナを立て始めました。

思ってはいながらも、情報収集をするわけでもなく多忙な日々を送っていて、アンテナを張っていた事も忘れていました。笑

そんなある日、インスタの投稿をするのに参考にできるものはないか探していた時に偶然ヒットしたのが「セカダイ」の投稿でした。

フラッシュバック。

アンテナを立てた出来事が一瞬にして蘇り、思い出したのです。

そして思いました。チャンスが降ってきた、と。

そこからは、即応募・2日後に面接・2日後に入学決定と一週間以内に全てが決まっていきました。笑

自分の夢や価値観

このセカダイに応募した一番の表面上の理由は「若い人と話す機会」でしたが、もっと単純に応募したいと思った理由が2つ私にはありました。

1つ目の理由は、「日本全国どこに行っても友達がいる」という、自分の夢がありました。

留学経験・海外旅行・バックパッカーの旅・地域おこし協力隊、等を経験してきた私には嬉しいことに友達は全国各地にいます。けれども全県ではないな、と思いました。

(色々はっちゃけた経験をしたおかげで…笑)

これは物凄くいい機会だと思ったのは本音でもあります。

しかもこれは、普通にただ会うだけのメンバーではなく、語り合う・見つけ会う学校のクラスメイトのような存在なのです!!

全国から集まる学校。

まるで強豪校や新学校のような素晴らしい響きです!笑

そこで本音や迷いをぶつけ合う、こんな素晴らしいことはないなと思います!

今を生きる”想い”を持った人たちが集まれば、そこには”和”が生まれ、”絆”が生まれる。

30歳、この先の青春が見えました!!!!!

冗談もほどほどに2つ目に参りましょう!

「自分の価値観(当たり前)をシェアする」

これは、良い悪いではなく考え方が古くなっていないか、アップデートをできているかの確認をしていくことだと感じています。

常に時代は変化し、価値観はどんどん変わっていきます。

コロナで露呈した日本の「会社に通う」という常識。これはもっと早くにアップデートできなかったのかと今でも疑問に思う部分はあります。(私の身近ではリモート飲み・リモートワークは3~4年前には始まっていましたので余計に思う。)

この変化に気づかないのは、「当たり前」をアップデートせずに”これまではこうだった”を押し通してきた結果になるのではないでしょうか?

こうした弊害をなくすためには、流行に敏感な20代の感覚はとても重要だと思います。

もちろん、”これまで”が大事なこともわかります。

でも私たちが生きていくのは”これから”です。

その、これからに目を向けるべく、”触れ合う”ことは私達、社会人にとって抜けている部分ではないでしょうか。

さてこのブロックは、真面目が露呈してしまいましたが、大きく分けてこの二つは「セカダイ」で達成していきたい目標にもなっています!

最後に

最後になりましたが、この企画をしてくれている3人の運営メンバーとは、楽しく盛り上がった会になりそうな予感がして、ワクワクしています。

ついに!!

明日出発にも関わらすさっそく夜更かしをしてしまいました。笑

早いかもしれないですが、三方にはこの企画を作ってくれた、勇気と行動に感謝しています!

また、スポンサーと言う立場で現実的なお金部分というネックを解消してくれた”yogibo”さんには感謝しております!

この場でお礼を申し上げます。「ありがとうございます」。

ぜひ、スポンサーという立場の方にも会ってお話しする機会があったり、また見学に来ていただけるようなことがあれば、素敵だなーと思ったりしてます。

さて遅くなる前に就寝。

これから頑張っていくぞーー!

”セカダイ”から、本物の世界に羽ばたく日を願って。 Good Luck!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。