田舎で出来たコミュニティ

こんばんは、ガンツです。

昨日は楽しい楽しい新年会だったので、若干二日酔いの感じで1日過ごしました笑

これが当たり前にある環境で慣れつつあるけど、これって凄いことだよなと思ったことがありました。

年齢差、23歳以上。

そう、この飲み会の凄い所は1つ目は、年齢差。

その差23歳以上。以上の理由は明確な年齢を覚えてないから。笑

そんな、飲み会で皆が遠慮することなく大爆笑する。

しかも人のお家で。笑

大学時代の宅飲みとはまた一味違う宅飲み。それが今の歳になると楽しい。

写真はイメージです笑

振り返ってみてどうだろうか?

同い歳や先輩・後輩との飲みはあったとしても、遠慮もせず笑える23歳差以上の飲み会が果たしてこの日本にどれくらいあるのだろう。

出身・育ち・経験が全て違う

この飲み会の凄い2つ目は、集まった7人のメンバー全員が出身・育ち・経験が全て違うところだ。

北は北海道、南は倉敷まで笑

こんなに違うけれど、今集まっているのは山・川に囲まれた田舎の地域。

なぜかそこで集まった職業もバラバラの人達。

けれど、皆がその商品を買ったり、サービスを受けたり、お金の交換をしているような気持ちだ。

それぞれの得意が助けになって、お金となって巡っている。

多少の金額の違いはあれどその小さなコミュニティでもお金が動いている。

でも、もしお金は出せんけど手伝ってくれと言われても喜んで手伝いに行くメンバーであることは間違いない。

そんな、お金も巡らせることが出来、何かあれば助けられるメンバーがいるって、純粋に良いな〜と思う。(もちろん新年会も経費払うけど笑)

田舎だから出来たコミュニティ

じゃあ、このコミュニティが東京・大阪などの大都市で出来たかと言われたら疑問だ。

もちろん、偶然から出会いが生まれるのでないとは限らない。

けれど、自分が都会に住んでいた時には1mmもこういったコミュニティができるとは思えれなかった。

どちらが良い・悪いじゃなく、その人の好き嫌いで良いと思う。

自分は、小さくても年上の人でさえ、本人をネタにして笑い飛ばせるこのコミュニティが大好きだ。

どこかに住み続けたり、気が楽になる居場所って、もしかしたら大きい何かを達成する場所でなくても良いのかもね。

そんな時に思う。

岡山の県南・県北どちらにも友達が居て住みたいと思うなら両方を拠点にしようと(^^)

そんな風に思える場所が少しずつ増えていけば、きっと日本がもっと好きになる。

この国で幸せを感じられるんだろうな、と。

今年はそんな拠点も、増やせたら良いな♪

Good Luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。