世界一周大学とは

未来は、夢の美しさを信じている人々のものです。
-エレノア・ルーズベルト-

幸せとは、お金を稼いで、高級な服をまとい、車を買って、家を買う。
人生の装飾品を増やしていくことが、1つの輝かしい時代はいつの間にか置き去りになっている。

この地球と共に暮らすために

・世界の人々と共に生きるために。

・それぞれが幸せな人生を送るために。

わたしはいつの間にかそんな願いと共に生きている。

不確実な世界と言われる現代において、多様な幸せ・価値観が尊重され、一人一人が描く夢が未来を創っていく。

過去が創った世界を生きるのではなく、わたしたちが美しいと思う未来を生きたい。

そんな未来を創るために、世界一周大学を創設しました。

みんなで「わたしをつくる。冒険」へと出発しよう。

世界一周大学をつくった想い

世界一周大学 学長MaSaToです。
僕の人生が変わったのは、20歳の頃でした。
サッカーを辞めてから、初めて自分の夢がないことに気がつきました。
大学に入ったものの、サークル活動・アルバイトと今を楽しむことをしていたけど、どこか少し先の未来が気になっていました。

自分の夢や好きなことがないと、何を選んでいいのかわからない。

僕にとってはそれが人生で1番辛いことでした。
大学3年の時に、このままだとどこに就職していいかわからない。何を目指して生きていったらいいのかわからない。
変わるなら、今しかない。

そう思った僕は、やりたいことをノートに書き出しました。

「綺麗な海を見たい。世界中に友達を作りたい。英語を話したい。自分らしく輝きたい。」

僕はたった4つのことを叶えるために、すぐフィジーに留学をしました。
そこからフィジーでまた新しい夢が芽生え、旅をすると、知らない世界があり、新しい出会いがあり、夢を叶えた先には新しい夢があることを知りました。

すると20代で、いつの間にか世界一周100カ国の旅をして、南極でマラソンしたり、TEDxに登壇したり、ずっと旅をしながら夢を叶えていく日々を送るようになりました。

最初の一歩を踏み出した20歳の僕に、今でも感謝しています。

そして、フィジーで出会った「100カ国旅した僕のメンター」がいたからこそ、今の僕があります。

小さな行動が、こんなにも自分を変えてくれるとは思ってもいませんでした。
あの頃の自分が変われたように「誰かの人生が輝く小さな一歩を作る」それが僕の仕事になりました。

この世界一周大学が、誰かの人生を輝かす場所になるように僕も思いっきりチャレンジしていきます!
これから出逢うみんなと、ぜひ一緒に冒険できることを楽しみにしています。

運営メンバー

世界一周大学 代表理事MaSaTo
新しい世界へと旅をして、感動と出逢うことが好き。
2年半の世界一周を遂げ、これまで103カ国を旅した冒険家。
サハラマラソン250kmや南極マラソンなど世界の砂漠マラソンも5つ走破。
「世界の正解を突破していくチャレンジ」をテーマに未知なる世界へと旅している。

DREAM:196カ国への冒険
HAPPINESS :仲間と思い出を語る時間
WORK:情熱の火を灯すこと

久保田啓介
2007年の北欧一人旅を通じ、日本語以外の言葉で生活する新鮮さ、英語でさえ話せないもどかしさから「世界の人々と繋がりたい」欲求に目覚める。以後、約3年に渡るアメリカでの留学を経て、現在60を超える国々に友人がいる。

DREAM:宇宙プロジェクトに携わること
HAPPINESS:相手の笑顔を引き出せたとき、未知が既知になったとき
WORK:一人でも多くの「ありがとう」をもらえるように 

松本百代
人と同じことは極力したくない。地元の友だちがみんな関西に進学する中で、山口県まで進出してしまったサブカル女子。経済学を学んでいるけど、金融機関とかあるあるの就職先はいやだ。デザイナーになると決めて独学で勉強中なサブカル女子。世界一周大学のインターン生としてデザイン部門担当。

DREAM:デザイナーになって色んな人の夢を応援すること
HAPPINESS:いい朝を迎えられたとき
WORK:ポンコツの背中を見せて勇気づけること 

長江楓香
コロナ禍で大学へ行けなくなった大学1年の冬、校長MaSaToに出会い、その生き方に衝撃を受け、すぐ大学休学を決意。農業や災害支援、旅に没頭した。いろんな人と出会う楽しさを覚え、セカダイ1期にも入学。半年間があまりにも楽しすぎたため、今期はインターン生としてセカダイへjoin!!

DREAM : 自給自足をして幸せに暮らすこと
HAPPINESS : 自分の笑顔で誰かを幸せにできたとき
WORK : とにかく笑ってみんなを笑顔にする! 

応援し合えるコミュニティ

日本では子どもに「人に迷惑をかけることはしてはいけない」と教えることが多いと思います。

「何事においても周りへの配慮を欠かさないこと」が、日本人にとっては1つの美徳。

ただ、インドという国には、こんな言葉があります。

「あなたは人に迷惑をかけて生きているのだから、人のことも許してあげなさい」

迷惑をかけちゃいけないと思うと、人との距離が遠くなり、心も許せなくなってしまう。

だけど、「自分の幸せも、誰かの幸せも、繋がっている」僕はそう感じています。

旅を通して、世界中の方に助けてもらい、仲良くなり、この世界中がHOMEのように感じるようになりました。

それぞれが輝く役割を持ち、みんなで助け合いながら生きていく。

世界一周大学は、卒業していく学生のみんなも含めて、そんなコミュニティでありたいと思っています。

(下の写真は、2020年熊本で起こった豪雨災害のボランティアへ参加した学生たち)