脆く儚い大切なものが教えてくれたこと

どうも!つっつ~です!

実は先週、第一子が産まれ、パパになりました(^^)

今、我が子を毎晩お世話しているんですけれど、少しでも雑に扱ってしまうと、怪我をさせてしまいそうで、、、きっと周りで見ている人は、自分の対応見て、冷や汗かいているのかなと💦(笑)

ですが、だからこそ、大切に思います(^^)

子供のころ、毎日、こだわりにこだわって作った泥団子を大切に思う、あの純粋無垢な気持ちが蘇ってきた今日この頃です(笑)

子どもが教えてくれた『人生論』

さっき、「毎晩お世話している」と言いましたが、子どものお世話を通して、改めて気付いたというか、考えさせられたことあります。

正確には、前回のぷらぐるの時の、我らがマサトさんのお話しと、かみ合って、気付くこと、考えることができました!

それは、「人生が変わるときはどんな時?」ということです。

マサトさんは「行動した時」とお話しされていました!

確かにそうですよね(^^)

行動しないと何も変わらない。人生を変えたいなら行動あるのみだなと!!

それに加え、もう一つ、自分は「人生が変わるとき」があると思います。
というか、子どもに教えてもらいました!

それは・・・

『環境が変わった時』です

今回、子どもが産まれ、自分の中では環境が変わりました。

夜泣きするたびにミルクを上げ、寝るまであやして、オムツも変えて。

 (あっ、嫌というわけではありませんよ!毎日楽しんでます!(笑))

でも、このことって、『子どもが生まれる』という環境の変化がなければ、全部やらなかったことです。つまり、些細なことですが、子どもが、自分に、新しい行動をするキッカケを与えてくれたのだと思っています(^^)

そして、子育てを始めてからは、

・ イクメンパパの話とか聞いてみたいな

・ 比較的、自分は育児・家事を手伝っているといわれる方だから、
  パパに手伝ってほしいママ向けに何かできないかな。

・ 自分の子がは妻のおかげで、幸いにも元気に産まれてきてくれたけど、障害を持つ子は
  どのような苦労があって、また、それに対し、どのような制度があるのだろう。
  そして、自分にも何かできないかな。

など、これまであまり気にすることができていなかったことが、気になるようになりました。

環境が変われば行動が変わる

このことを通して、自分は改めて思います。

人生を変えたいなら、行動あるのみ!!

そして、もしも、すぐに行動に移せない人がいるのであれば、それは、

環境を変えるのみ!!だと。

行動を変えざるを得ない環境に入れば、当たり前だけど、必然的に、行動が変わる。

新たなことを始めると、視野が広がり、自分を成長させるキッカケに繋がる。

だから、環境を先に変えてみるのもアリだと思います(^^)

実際に、自分も、子どもが産まれてから、障害をお持ちの子供たちのために、社会を良くしようと動かれている方とお話しさせて頂く機会を頂きました。
この経験を通し、改めて、環境・行動あるのみだなと感じてます(^^)

環境を変えるという意味では、このセカダイも最高の場ですね♪
マサトさんや、ケイスケさん、アズミさんのように、素敵な環境を提供できる大人に自分もなりたいですね(* ´艸`)

世界は広い!!!

またまた、まとまりのないブログを書いてしまいましたが、つっつ~はこれからも動き続けたいです!
(これからは家族でも動きます(笑))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。