ジグザグザグジグ

アイキャッチ画像は実際に書いた自分の人生曲線。

アップダウン激しめのサボです。

3回目のぷらぐる トーク

今回は,Googleで働きながら築100年の長屋を1棟貸しされている,森原まやさんがトークしてくれた。

価値観が壊れることを恐れない。

この言葉にすごく共感した。

自分自身,価値観が壊れることに結構面白さを感じていて。

そのきっかけは中学生の時,4歳からしてたサッカーがケガで出来なくなってしまったとき。

サッカーをする代わりに本を読んでいて,たまたま図書館で高橋歩さんの本を何冊か読んだ。

本にはサッカーしか知らない自分がびっくりすることがたくさん書いてあった。

・まず,学校に行かないという選択があること。

・あとは,世界には面白いことをしている人がたくさんいること。

・大人でも自分のやりたいことをしている人がたくさんいること。

・世界には自分が知らないことがたくさんあること。

などなど。

本を通して,

・知らないことを知ることは面白いことだと知った

・自分の常識は誰かの非常識であることを知った

そして,価値観が壊れる事は面白いことを知った。

だから,この言葉の通り,壊れることを恐れず,これからも色んな人と繋がって色んな価値観を知りたいと思う。

ディスカッションターイム

あらかじめ人生曲線を書くという課題があった。

人生曲線とは「自分の人生を振り返って、いつ、どんな出来事があって、どのくらい感情が動いたかを見返せるもの」らしい。

そして,この書いた人生曲線を使ってディスカッションした。

テーマの一つ目は,「自分が特に幸せを感じるのはどんな時?悲しいと感じるのはどんな時?」みたいなのだった。

幸せと感じるときの意見は,みんな「誰かと」っていうところが共通していた。

幸せの要素として,お金,自由,環境とかあるけど,やっぱり一番は人なんだなと実感した。

悲しいと感じるときに関しては,森原さんの

モチベーションが下がることは悪いことじゃない。下がった分上がれると思ってる。

って言葉が印象に残った。

思い出したら,自分も下がってる時こそ,より,やりたいことを探したり,自己分析をしたりしてた。

だから,上がることも下がる事も楽しめたらいいなと思った。

10年後は宇宙人?

もう一つのテーマは「10年後の自分になりきって近況報告」

10年後のみんなは。
海外にいたり、別荘を持ってたり、お母さんになってたりしてた。


自分はトムとジェリーみたいな相方と。宇宙と地球の二拠点生活をしてた。

そんな10年後を目指して、ジグザグな人生を楽しもうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。