大分前感強いのに富士山1ヶ月前とか①

セカダイの裏目標が「ブログ毎週書く」のさくらです

大分と前の記憶にあると思っていたら1ヶ月前だった富士山から振り返って書いていきます

初のタビる

当日早く着きすぎて誰よりも高所順応できたと思う

初めて対面でメンバーに会う、緊張が大きかった

個性豊かなメンバーが続々到着して全員が揃った時、「え、名前似てる人多すぎない?????」で、一杯だった

そして急ピッチで進めてたセカダイの旗が完成(カッコ良すぎる)

グループ分け

一緒のグループになったメンバーの第一印象

Yさん:安心の塊

K:5合目までの観光客

Aちゃん:マスコットキャラクラター

S:お腹冷えるよ

アタック開始:スローガンは「頑張らない」

酸素薄すぎて坂道を少し力んで登るだけで息が上がった

普段の酸素量と平坦な道がどれだけ幸せか痛感した

山小屋までの道のりを皆んなで知恵を出し合って登った

スローガンになってた「頑張らない」精神はすごく大切(マジで)

山小屋で食べたおでん最高

山小屋を深夜に出て頂上目指して登る、先が暗闇で見えきらないのが返ってよかった

途中心の中で「しんどい、何で登ってるんだろう」とか考えてたけど、グループのメンバーがいてくれたお陰で足を進めることができた(めちゃありがとう)

セカダイらしい登頂

朝が明け、登頂までの最後の難関がはっきり見える(結構ショック)

グループメンバーと一旦別れ最後尾になった

歩くとすぐ息が上がる、だけど歩かないと着かない

頂上に近づくと先に登頂していたメンバーが応援歌(踊るポンポコリン)を歌ってくれてた(ウクレレ持参もその選曲も絶対富士山初だよ)

みんなが作ってくれたアーチをくぐる、本当に着いたんだと実感した

登頂したことでかなりやり切った感があったけど、本当のゴールは降りるまで

みんなが揃って言う「下山の方がキツい」って話は次回にでも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。