モヨヨヨヨ

セミが元気になってきましたね〜

夏だーーーーーーー!!夏大好き!!!😎⛱

みんなはいかがお過ごし??

えー。美容室でパーマ当てながら書いてます。モヨですよ〜ん

美容室ってしょーみ最終何円かかるか分からんくてドキドキアセアセせん?私だけかなあ😵‍💫

視覚ジョウホウ、モヨ

ところで私の、この変なあだ名は、本名の「ももよ」から来てます。

「百代」と書きますが、漢字表記はあまり好きではないのでひらがなをよく使っています。

「もも」はめっちゃかぶるので「モヨ」にしました。

ただ難点が1つあって、、、

口頭じゃ伝わりにくい!!

このあだ名。「モヨです」って言うと、(私の滑舌が悪いのもあると思うけど)

「え、モヤ?マヨ?」と、かなかなか理解してもらえなくて。笑

なので、口頭で初対面の人とコミュニケーションとるときは「ももよ」でいくこともあります。ただ、「ももよ」で通すと、だいたい「ももちゃん」と呼ばれるようになっていきます笑

なので、初対面がzoomのときとか、名札があったりする、視覚情報ありきの「モヨ」ですが、どうぞ気軽にモヨと呼んで下さい🐋

アバウトモヨ

ムカシ

京都府北部出身(※田舎です)

どうか京都=都会というイメージだけで終わらないで下さい。

どうか京都=関西弁・京都弁というイメージだけで終わらないで下さい。

みんながイメージする「京都」は「京都市」です。

京都“府“出身です。と名乗ってくる人には要注意してください。

またこれについてはゆっくりお話しましょう。

日本三景の1つである天橋立という観光スポットが有名です。

イマ

今は山口県下関市で大学4年生をしています。

経済学部だけど、クリエイティブ系の会社に入ります!春からクリエイティブディレクターだって〜😳

そして、このセカダイでも絶賛デザインを勉強・実践中です。

経済からなんでそっちに?っていうお話はまたいっぱいお話しましょうね〜🌷

カンジでアラワス

セカダイのみんなで始めてzoomしたとき、漢字一文字自己紹介をやったと思うんだけど、

モヨを漢字一文字で表すと「異」

物心ついたときから、ずっとサブカル気質だった(サブカルっていうのは、んーとりあえずマイナーってこと笑)

高級ブランドとかも質がいいとかより、「他人と被りたくない」が勝つからあんまり惹かれんし、インディーズバンドが売れてみんなが「このバンドいい!」って騒ぎ出した頃には追いかけたくなくなったり。笑

ちょっとひねくれててめんどくさいけど、とにかく人と異なってたい

そうやってアイデンティティを確立してる、そんな人です。

でも、セカダイに入ってると、みんな個性それぞれすぎて、みんな異なってるから、それが普通になってて、「他人と異なるだけじゃアイデンティティが確立できない」っていうのが、こういうキラキラさんたちが集まってるコミュニティに入ったときの私の悩みです。

セカダイとのデアイ

2020年の秋、私はTABIPPOという学生団体に入っていました。

そのグループLINEにある日、アナウンスがあって

長崎で学生が集まるイベントがあるよ〜行こ〜

当時TABIPPOにフルコミットするため、アルバイトをしていなかった私は、超暇だったので、日程的に行けるやつにはだいたい行っていました。そしてこの日も長崎まで行くことにしました。

(寝坊して予約してた高速バスには乗れずに、電車で行って大損したのは裏話)

この日はTABIPPOのメンバーとして行ったんだけど、他にも団体(?)っていうかコミュニティがいくつか来てて、その中にまさとさん率いる「世界一周学校」もありました。

そこで、まさとさんの講演を聞いて、超おもしろおじさんやん。と思って、まさとさんに直談判して「世界一周学校」に入ることになりました。

ふうかも別のコミュニティ枠で来てて、この時初めて会ったんだけど、

まじで今と全然違うから!!!

見て。いかにも「立命館です」「あーそうですよね」ってなりそうなこのおしとやかさ。あ、中央下の手は私。

まじでふうか超垢抜けたし、髪色も性格も今みたいなのはとは思わんかったな〜笑

そんなこんなで世界一周学校を経て、またまさとさんが新しく「世界一周大学」を始めるっていうから、んじゃ、入っとこ〜っていうテンションでセカダイには入りました。

デザインとスナオ

セカダイ1期を卒業して、就活を本格的(?)に始めて、就活終わったら残りの学生生活どうしよう〜って考えてた。

そんなときまさとさんから「2期のインターンやらない?」っていう声がかかって、2つ返事で「やりたいです」と答え、運営をすることになりました。

でも、私は1期のとき、たびるにあんまり参加できなかったし、ブログも書けんかったし全員と深く関われたかというとそうでもないし。後悔の方が多かったんです。

なのに、まさとさんは私に声をかけてくれた。

だからまさとさんから誘われた時、嬉しい反面、正直「なんで私?」って思う気持ちのほうが大きかった笑

なんで私だったのか。私なりに考えると

・デザイン

・素直

・なかなか参加できない人の気持ちが分かる

この辺が私のできることなのかなとか考えた。

運営メンバーとして、私ができることは全力でやる。

しかも、1期で後悔があった分、それをやり直す機会をもらってるってめちゃ幸運やん!!!ということにも気づいた笑

だから1期の後悔を払拭すべく、たくさんアウトプットして形に残すっていうことをいっぱいしたい。

デザインにしても、言語化にしても、行動量も、アウトプットの機会が豊富な環境を

超活用したい!!!

これが私のチャレンジです。

以後よろしくおねがいしまーす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。