お金って何だろう??

どうも✋ つっつ~です!!

今日は、夜から、お金についての勉強会に出ます!

ということで、お金に関する、自分なりの考え・価値観を書いてみました!

お金って何だろう

そもそも、お金って何ですかね、
元々は、物々交換の引換品として使われていたもの。それが、『石』から、今では「1万円」という価値が付けられた『紙切れ』に進化して。

つまり、誰かが価値を付けた紙切れだから、お金って価値があるのかな、とふと考えるときが結構あります。

でも、間違えないことは、「お金」という存在が生まれ、貨幣制度ができたこと。

そして、貨幣制度が占める現代社会において、お金を持っていた方が、選択肢が多くなるという事実。

だから、稼いだ方が得をする可能性が高くなることは間違いないとは感じています。

だけど、日本では、稼ぐ=悪い印象】が、結構ありますよね。
それも、変わりつつあるのでしょうけど、まだ根深く残っている。

要は、稼ぎたいと思っていても、稼げない現実、そして、稼いでいる人を見ると、湧き上がる嫉妬 からきているのだと思っています。

これらのことから、社会で生きていく上で、お金に縛られない奴が強いってのが、自分の考えです。

つまり、お金に縛られない⇒稼ぐ力があるから、使うことを恐れない。結果、選べる選択肢が増える⇒人生の選択肢が増えるって感じです!
(何となく伝わるかな…(-_-;))

でも、ここだけでは、自分の考えは終わってません。
『お金』について話すなら、お金に対するそれぞれの概念・お金に対する価値観に加え、「稼ぐ」「使う」もしっかり考えていくことが大切だと思います。

『稼ぐ』とは

自分が、「稼ぐ」ことについて考えるようになったのは、社会人に出てから。(なので、学生の段階から、考えれている人もたくさんいるから、そのような人たちは、本当に尊敬…。)

というのも、仕事は “営業” をしている。営業の仕事は「売ること」
営業が売らないと、会社の利益は生まれず、後に続く仕事もないし、給料も払えない。(※だからといって、営業が一番偉い,凄いとかの話ではありません。あくまでも役割の話です。)

そして、営業職をしている多くの人にとってのヤリガイが、給料面だと思う。いわゆるお金。だって、売れば稼げるのだから。

でも、ここでも、【稼ぐ=悪】という印象が邪魔をする。

だけど、それは、絶対に違うと思う。
だって、稼いでいる営業マン⇒商品をたくさん売っている営業マン⇒たくさんのお客様に価値を提供できている営業マンだからだ!
この考えだと、極論、稼いでない営業マンが、お客様に価値を提供できていないことになるので、会社からしてみれば『悪』ですよね…。

この考えにいたったのも、営業の仕事をしていく上で、「お客様は、そもそもどのような時に、お金を出すのか」を真剣に考えた。

そして、それは、『決断』したとき。
では、どのような時に決断するのかというと、『納得』したとき。
そして、その納得は、『価値を感じた』ときに生まれる。
価値とは、「この商品を買うことで、自分の悩みは解決される」「○○な未来が手に入る」みたいな。

つまり、営業マンとして、売ることが仕事だから、鬼滅の刃の煉獄さんみたいに、自分の責務を全うするには、お客様に、価値を感じて頂き、納得、決断していただかなければならない。
その対価として、「お金」が後からついてくる。

だから、稼ぐことは悪じゃない!!これまとめ(笑)

だけど、「いかにして価値を感じていただける」か、そこに視点を当てられず、「稼ぎたい」が全面的に出ていると、面白いことに稼げない(笑)
以前の自分もそうだった(笑)
(価値を感じていただく過程については、今回のブログでの記載は端折ります。)

だから面白い(^^)

この章の最後に、ちょっと話はズレるけど、
自分は、住宅営業なので、売っている商品は、最低でも3,000万円。
なので、決断いただくためには、3,000万円以上の価値を提供しなければいけない。それは、会社というバックボーンの他に、一人の人間としての対応力であったり、営業スキルであったり。
自分も最初はダメダメだったけど、今は3か月間で1億5千万円以上の売り上げを作れるようになった。
でも、いつも感じているのは、そんな自分よりも、自己ブランドのみで100円の商材を一つでも売っている人の方が凄いよねってこと。セカダイのメンバーはそうだよねってこと。

お金の『使い方』

もう一つ考えなければいけないのが、お金の使い方。

正直、こっちの方が、人間性も出るし、人それぞれで全く価値観が違う。
いつか、セカダイの人たちに聞いてみたいな(笑)

そして、あくまでも自分の考えだが、自分は、お金を『調味料』的な立ち位置で使いたい。

ブランド物には興味がない。それで、私利私欲を満たしたいとも思わない。

それよりも、「誰かを応援するために」とか、そっちの方が、自分はお金を使うことに関して価値を感じる。

他に、自己投資するのも、自分をレベルアップさせて役に立てる幅を広げる(与えられる価値を大きくする)ことが目的。

要は、お金が主役は嫌だってことです(笑)

だから、人が喜ぶなら、自腹切ってでもやる。こんな感じです(笑)

ココ、全然言語化できてません💦

まとめ

結局、自分にとってのお金の価値観は、人生の選択肢を増やすためにも、稼ぐことは悪いことではない。

だって、稼いでいるということは、それだけ多くの人に価値を提供できているってことだから。

でも、お金のことを『大好き』であっても『執着』してはいけない。
ここは恋愛も一緒ですね(笑)

あくまでも、『わき役』であれ。

こんな感じです!
それでは、また👋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。