当たり前を疑え!

どうも✋つっつ~です!

最近、めっきり寒くなってきました。私といえば、洗濯機では洗ってはいけないセーターを何度も洗ってしまい、へそが出てしまうほど縮んでしまったけれども、大切に着ている今日この頃です(笑)

しかし、冬は本当に寒いですね、逆に夏は暑い。

毎年のことだから、何も違和感を感じません。当たり前ですもんね、そんな当たり前のことについて、最近の学びを共有したいと思います!

当たり前を疑う

そもそも、「当たり前」ってなに?冬は寒く、夏は暑い。世の中の原理原則。

生活のなかにおいては、いつもの時間に出社して、定時を過ぎたら帰ってよし。

何も考えずに、やっていること。やってしまっていること。

それが、その人にとっての当たり前。

でも、その当たり前って、誰が決めたのか。古い習慣とか、言われたままにこなすこと。上司には誉められるかもしれないけど、それって、思考停止しているってことですよね、、、

感覚を研ぎ澄ませ

この前、セカダイのメンバーと「世の中にある当たり前に違和感を感じていること」について話してみた。

そこで、面白い答えが返ってきた!

それは「なんで、世界で言語やお金が違うのか」日本語だったり、英語だったり、中国語だったり…円だったり、ドルだったり、ユーロだったり…

国によって、言葉もお金も違うなんて、自分にとっては当たり前だった。これまで、疑いを持つことなんて一切なかった。

でも、そこに疑問を抱いている人はいる。

この違いって結構大きいのではないかなぁ。。。

だって、当たり前になってることには理由がある!と思う。文化とか風習とか、色々な理由や経緯が。

でも、当たり前って思ってたら、何も考えない。だから、結果として、知見が広がらない。

その結果、視野の狭い人間になる。

一方で、疑問を持てる人は、その「なぜ?」について調べて、視野が広がったり、当たり前の文化を無くそうと行動したりするかもしれない。

となると、結果として大きな差が生まれると思う。

「なぜ?」の数を増やしていこう

自分にとっては当たり前も、他の人からすれば、当たり前じゃない。そんなことは他にもたくさんあると思う。

価値観や感覚は人それぞれだから。

だから、これからは意識して、普段の生活にある「当たり前」を疑ってみる!

そして、「なぜ?」に対して動いていく。

そしたら、いろんな価値観をわかりあえる、受け入れられる、そんな人間になってる気がするから!

そんなことを、最近感じました(^-^)

今日のブログは、これで終わりです👍️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。