キレイゴト

ぷらぐるとたびるの感想を書きたかったのに。

ただただ面白くて楽しかったとしか思い出せなくて書けませんでした。 

さぼです。

「幸せ=A×B」

ぷらぐる1回目のゆーまさんのときにでてきた方程式。

自分は「幸せ=人×人」っていう風に当てはめた。

理由① 自分が幸せだと感じた時を思い浮かべた時に。必ず誰かと一緒だったから。 

もちろん,誰かと一緒に居るとき全てが幸せというわけでもないし

誰かと一緒じゃないと幸せじゃないということでもないし。

一人で行動したいときもあるし,一人で行動して楽しいと感じる事もある。

でも,同じことをしたとき。

例えばアイスを食べたとき。

一人だったら美味しいと感じる。でもみんなとだったら自分は幸せだと感じる。

例えば,散歩をしたとき。

一人だったら楽しいと感じる。でもみんなとだったら自分は幸せだと感じる。

それは,きっと自分が一人の時に,美味しい,楽しい,面白いとかは思うけど,それを幸せだと思うことがなくて

その美味しい,楽しい,面白い,を。

誰かと共有することが幸せだと感じているからかもしれないと思った。

だから,人見知りだし,人と関わることが苦手だけど。

人と仲良くなりたいと思うし,自分が大切だと思う,家族や友達,仲間のことを大切にしたいと思うし,大切な人を守れるヒーローになりたいと思うのかもしれない。

もしくは,ただの寂しがり屋なのかもしれないけど。

理由②  誰かを笑顔にすることが究極の幸せだと思っているから

あとは持論として,こんなことを思っていて。

それは単純に自分が誰かの笑顔を見る事がとてつもなく好きだからだと思う

そう思うきっかけになったのは,自分が好きな時間を考えたとき。

自分が好きな時間は,大切な人へサプライズの準備している時間

その時間だけは,自分の大切な人のことだけを想えるから。

サプライズをするために,まず大切な人と過ごしたときに巻き戻って,大切な人の行動を思い出して,大切な人と話したことを思い出して,大切な人の好きなものを思い出して,大切な人の喜んでいる顔を思い浮かべて準備する。

まずそれだけですごくニヤニヤしてしまう。

さらに準備を楽しんだあとには,サプライズするというビックイベントが待っている。

大切な人にサプライズをして,大切な人の最高の笑顔が見れる。

だから自分は大切な人へサプライズの準備している時間が好きだ。

そんなことを考えたときに,きっと自分は。

自分自身が幸せだと感じるときよりも,誰かを笑顔に出来たときの方が幸せを感じる

のかもしれないと思った。

だから,自分にとっては,それが究極の幸せだと思っている。

おわり

ブログを書きながらめちゃくちゃ綺麗事を書いているなーと思った。

本当にいい子の仮面を被って,ただの綺麗事を書いたのかもしれない。

だって,一人になりたいときだってあるし,自分の事しか考えられないときだってあるし,人を傷つけてしまうことだってあるから。

でも,でも,自分の心の真ん中にこんな気持ちを持っていたいなと思った。

何歳になってもずっと忘れないようにしたい思って書きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。