小さな大一歩

シェアるでみんな教えてもらった曲にハマってます。サボです。

ちなみに自分が好きな曲は,SUPER BEAVER 「人として」です。

”馬鹿だねって言われたって カッコ悪い人には なりたくないじゃないか

人として 人として かっこよく生きていたいじゃないか”

って歌詞が大好きです。

2回目のぷらぐる トーク

今回は佐賀県で LIB COFFEE IMARI をやっている森永さんがトークしてくれた。

旅先でエスプレッソを飲んだことがきっかけで,カフェを始めたことが特に印象に残っていて,すごいと思った。

だって,自分がもし旅先で何かを食べたり飲んでおいしいと思っても,それがきっかけでお店を開こうとは思わないし,思ったとしても行動には移せないと思ったから。

身近に起こる些細なことや体験でも大きな転機になるんだと気付けた。

だから,いつもは気にしないような身近なことや,小さなことにもアンテナを張っていこうと思った。

ディスカッションターイム

トーク中のディスカッションテーマの一つが

100万を3カ月以内に使わないといけない。何をする?

テーマを見た瞬間,まだ始まってもないのにめちゃくちゃワクワクした。

ワクワクしながらいっぱい考えてやりたいことが一つ見つかった。

それは,SNSで同じ質問をして,やりたいことを募集して,自分が一番面白いと思ったことを一緒にするということ。

自分は今やりたいことがなくて,自分のために使うという道がなかった。

誰かのために使えて,かつ自分も楽しめることをしたいと思った。

・まず,みんなにこの同じ質問をすることで,みんな考えるだけでワクワクする。

・さらに1人はやりたいことが出来るから,さらにワクワクする。

・自分は,自分では思い浮かばないアイデアを聞くことが出来て,かつ面白いことを一緒にできる。

自分でいうのも何だけど,めちゃくちゃいいアイデアだと思った。

このアイデアを,当日ディスカッションで話したら,すごく褒めてもらえて,「みんなにシェアしなよ」って言われた。

自分は,slackもzoomも指名されたときしか話さないくらい消極的な性格だ。

自分から話すことは,バンジージャンプするくらい怖くて不安で緊張する。

でも少しは積極的になりたい気持ちもあって。

セカダイでチャレンジしたいことの一つだった。

そういう気持ちがあった中で,ディスカッションですごく褒められて,テンション上がったし,この勢いでいけるかも!って思った。

シェアする時間が来て,初めて手を挙げて,初めてzoomで自分から話した

話しているときは,体が熱くなって,声が震えて,どこ見ていいか分からなくて,恥ずかしい,早く終わらせたいと思いながらも,伝えたいことを全部話すことが出来た。

小さな大一歩

2日経った今思い出しても,あのドキドキ感が鮮明に思い出せる。

そのくらい怖かったけど,でもあの時チャレンジして良かったと思ってる。

すごく緊張したのは変わらないけど,でもそれ以上にすごく嬉しい気持ちになった。

人生単位で考えたらきっと小さい一歩だと思うけど,今の自分にしてはすごく大きい一歩を踏み出せたから。

もう当分はやりたくないと思うけど。

でも,やれないと思っていたことをやれるかも!と思わせてくれたセカダイでなら,また一歩踏み出せそうな気がする。

あと,いつか100万自由に使えるお金が出来たら,自分のアイデアを実現したいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。