タブチセイヤ 

ハロー!!

セカダイが始まってまだ2週間くらいしかたってないけど、毎日ワクワクしっぱなしのせーやでーす!

初ブログ!なかなか緊張、、

まとまらない文章ですが最後まで読んでいただけたら嬉しいです!

自己紹介!

はじめまして!タブチセイヤです!

人、旅、海が好き。「落ち着いた空間、でも夢やワクワクが止まらない空間」そんな場所が大好き。

愛知県の一番好きな海、伊良湖岬

セカダイ2期が活動をはじめて2週間くらいしかたってないけど、毎日セカダイのことでワクワクが止まりません!

いまの自分

生まれも育ちもずっと愛知県!

大学では、農学部で農業について学んでます。

まだ研究室に所属してないけど、「イネ科の植物で世界の貧血症問題を解決する」を目標にイネの研究をこれからしたくて、ひたすら勉強しています。

セカダイには、農業に関わってるメンバーもタビるでは実際に農業できたり、とってもワクワク。

イネ以外にも野菜だったり、果物を育ててる人たち、話しましょ~!

座右の銘

ここにきて座右の銘を紹介するのは、セカダイに入るきっかけというか、自分がこうなりたいと考えるようになった出来事を紹介したくて書きます。

ずばり!

座右の銘は「一期一会」です!

ありきたりな言葉でしょ(笑)

旅人のほとんどの人はこの言葉を大事していると思う。

ただ、この言葉との出会いで自分の人生が大きき変わった話をさせてください。

3年前くらいに、駅のホームで電車を待ってたんですよ。電車が来て乗ろうとしたら、

「コノデンシャハ、○○エキイキマスカ?」

一人のベトナム人の方にカタコトの日本語で話しかけられて、

もー頭の中パニックになって(笑)○○駅は自分が乗ろうとしてた電車はいかないし、日本語で答えていいのもわからない。

どうすればいいのか分からなくなった結果、自分は一緒に○○駅行きの電車が来るまで待つことにしたんです!

待っている間にベトナムの話だったり、日本の何が好きで、どうして日本に来たのか、どうやって日本語を勉強しているのか

出稼ぎにきてたくさん苦労したんだろうなと思っていました。

電車が来る直前で、なぜかこの人ともっと話したいと思って、思い切ってLINEを交換してもらいました。

そしたら、LINEの一言の欄に「一期一会」と

どうしてか尋ねると、「イチバンスキナコトバ」と答えてくれて

この方が日本に来た理由もその時話しかけてくれたのも、出会いを大切にしているからであって、

何より、いろんなことに感謝を忘れず生きていくことが人生に一番大切で、その生き方が自分を作り上げてくれるということを、その方から教えられました。

今ではその方とは、疎遠になってしまって、どうしてるのかわかんないんですけど(笑)

それでも、あの時の出会いに感謝!していれば、いつかはまたどこかで出会えるかもしれないし、今度はベトナムで出会えたらいいな、、

そんなこんなで、自分の座右の銘は一期一会!

みんなの座右の銘だったり、好きな言葉、たくさん語っていきやしょう!!

セカダイに入ったきっかけ

四国に旅しに行ったときに、ゲストハウスで会った方が旅人カレッジに参加していて、その方と話していろいろ調べていく中で、

マサトさんという人を教えられて、「世界一周大学」を知って知った後、すぐに二期生の募集をみて

これは参加するしかない!と勢いで参加しました(笑)

ただ、変わりたい、人と違うことをして、自分の人生を作りたい。

そんな思いが強くあるから、自分をセカダイと結び付けてくれたのかなと思っています。

セカダイを卒業後

セカダイを卒業した後は、どこかのゲストハウスで働いてみたい!

自分が初めて泊まったゲストハウスでは、旅人が3人いてそれぞれほんとにワクワクするような話をしてくれて、出発する時には、「いってらっしゃい!」と言われて、こんなにあったかい気持ちになったのは初めてだったんですよ。

いつかこんな空間を自分で作れたらいいなと思うし、最高の仲間を作るために自分が感じた居場所を見つけたいなと思います。

最後に

これからいろんなことをメンバーと語っていきたいから、自己紹介はこのくらいでおわり!

こんな言葉も大好き

バカになれ。

考えれば考えるほど、行動できなくなる。そんな経験は今まで何度もしてきた。

もー後悔しか残らない生き方はしたくないし、

だからこそ、セカダイに応募した時のように、考えるより先に行動する。

行動力のかたまりしかないこのセカダイ2期メンバーで、経験したことのないものを経験したい。

まだ何も経験していない、何も知らない若者ですが、とにかく行動して、いろんなものを吸収していきます!!

よろしくお願いしまぁぁぁぁす!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。