やらずきらい

こないだウッドデッキ作りをお手伝いして、テントで2泊しました。

昼は半そでで暑いのに、夜はパーカでも寒いって言ったら、

お兄ちゃんに砂漠か!って言われました。

ちょっとナイスツッコミと思ってしまいました。さぼです。

卒業課題  

今週の月曜日、卒業課題の発表をした。 

テーマは、「これからの私の冒険」

自分がこれから何をしたいかとどう在りたいかを話した。 

怖いことにチャレンジするってやっぱ面白い

今回の発表、すごく怖かったし、不安だったし、声も、体も震えたけど、

いっぱい泣いたけど、

でも、やり切ったときはやっぱりすごくハッピーな気持ちだった。 

怖いことはもしかしたら楽しいことかもしれないって思った。

頑張ればプレゼンできる

たびる北海道の時のプレゼンは、ほとんどメンバーが読み上げてくれて、

質問してくれて、スライド動かしてくれて、みたいなおんぶにだっこで。  

今回は、時間かかったけど、 

最後まで自分の言葉でやり切れたっていうのは、 

自分でもできるんだって、自分が一番びっくりした。  

なんか悔しい 

みんなの前で発表するのは2回目で、

前回よりは少し良くできたけど、

でも、泣いたり、話すのに時間かかって、 

自分でもやりながら、結局やるんだからさっとやればいいのにって思ってた。 

スマートに話せない自分にすごく悔しいって感じた。 

だから、もう一回チャレンジしたいって思った。 

今度はスマートにね。 

ブログ 

もともと文章を書いたり、何かを発信することが好きじゃなくて。 

だから、セカダイに入ったときにブログを書いてねってなったときは、 

嫌だなって思ってた。 

嫌だなって思いながら何本か書いた。 

そしたらなんか、楽しいなって思った。 

ブログを一本書き上げるのに、短くても2日、長かったら4日とかかかるけど、 

書いてるときの、自分と向き合えてる時間、自分の頭を言語化できる感覚、 

が楽しかったから、全然苦じゃなかった。 

あと、zoomとかたびるで、みんながいいねーって褒めてくれたりしたときに、 

自分の文章ってちょっとはいいのかなって思えるようになって、 

それが自信になって、調子に乗って、最後まで週に一本投稿できた。 

約週に一本ブログを書き続けてきて。  

自分は文字で表現することが好きで、少し得意なのかもしれない。 

って気づけた。

自分は、人と話すことが少し苦手で、自分を相手に伝えることが少し苦手で、 

でも、文字だったら自分の感覚をまっすぐに表現できるかもって思った。 

そのことに、気づけたのはすごく自分にとって大きいことだと思うし、 

文章を書くってことは、セカダイが終わってからも、 

何かの形で、どこかで発信し続けていけたらいいなって思う。

自分なりの形で自分を表現できたらいいなって思う。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。