ひとつずつ

物事には、順序がありました。

幸せまでにも、順序がありました。

そんなことに今更気がつきました。

僕の求める幸せ

僕の求める幸せをお伝えします。

子供に心から笑顔で楽しんでほしい

ぼくは、6/2にこの理念のもと団体を立ち上げました。

そして、この達成に向けて奮闘していました。

目的の達成に近づいているという自負がありました。

でも、突然崩れました。

隣には誰もいませんでした

団体として動いていたのに、自分は一人でずっと行動していました。

それでも充実はしていたのですが、急に物足りなさを感じました。

そこで、自分の現状維持をしたいという心を捨てて

新しいコミュニティの立ち上げに踏み込みました。

突然現れた壁

私は人と行動したことがほとんどありませんでした。

多分、僕はエネルギー量が人よりも高い

だから、

必死にアクションをしている自分についていけない周りにいつも残念になって。

とても喪失感を感じて。

いきなり熱が冷めて、何もかも捨てたくなります。

人がついて来れないのは、その人の能力・熱量だと感じていましたが、違いました。

僕だから誰も付いてきていない。僕の楽しいと人の楽しいは違う。

僕は将来のために、いつも楽しみたいけど

周りは今を楽しんだ上で、将来を楽しみたい。

共通認識のズレ

これが原因でした。

Taroさんに相談してやっと気がつきました。

相談に乗ってくれて本当にありがとうございます。

僕は、ティール組織という

新しいマネジメント形式の

プロジェクト型コミュニティ

を作ろうとしています。

そのために、共通認識を作ろうとしています。

それが、すべての誤りでした。

共通認識は簡単には生まれない

共通認識ができるまでには、とんでもない時間を要します。

知りませんでした。

僕の当たり前が、みんなにとっての当たり前とこんなにかけ離れてるなんて。

ただ、もう一つ知らなかったことも知れました。

かけ離れた当たり前を持つ人とも、分かり合うことができる。

その方法、それは

ひとつずつ、クリアすること

僕を理解してもらうために、ひとつずつ理解してもらうことです。

僕は強烈な社会的メッセージを持っています。

それを、最初から理解してもらうのなんて無理なんでした。

ひとつずつ

ひとつずつ

相手が心地いいと思えるように。自分もそういう社会を作りたいと思ってもらえるように。

最後に、

僕に関わってくれている方・信頼してくれている方へ

僕は本気で、将来と向き合いすぎて

今、自分の周りに誰がいるのかを本気で分からなくなっていました。

将来にある自分は、ずっとを浮き足立った状態でしか過ごせていませんでした。

将来は、急がなくてもあるもの

今は、今しかない

今を、心地がいいと思える人と心地がいいペースで進んでいきます。

本当に、見放さないでくれてありがとうございます🙇‍♂️

子供に心から笑顔で楽しんでほしい

それに向けてペース配分を考え直します。

これから僕の作りたいコミュニティの紹介記事を下に貼っておきます。

もし、よろしければ読んでください🙇‍♂️

ダンデ 応援するコミュニティ(Challenge )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。