続けることが、苦手なのか?

たろうです☺️

ブログ投稿5日目にして、あれこれと頭の中にやらない言い訳を構築する自分に気づいたので、そんな自分を戒める意味も込めて書きます。

当たり前のことを当たり前のように書いているかもしれないけれど、改めて自分の“腑に落とす”為にも書きながら、真剣に向き合います。

本当に、続けることが苦手なの?

この記事を書きながら、頭に湧いてきたものを言葉にしていこうと思うんですが

「そもそも、自分は続けることが苦手なのか?」という所に“問い”を持ってみます。

昨日は、「ブログ書くの楽しい!こりゃ30日間続けるのも余裕だな。」なんて思っていたのに

昨日の夜から

「いざ何を書こうか?」と考えて幾つかネタを出してみて書いてみたりするのだけど

書き出すと上手くまとまらなかったり、1日では書き切れないなぁとテーマの深さに溺れたり、

段々と書くことがしんどくなってきて、そこから目を背けるように、NetFlixのアプリを起動して「アルスラーン戦記」のアニメを見始める自分がいました。

※最近、王とは何か?世界を創るとはどういうことか?に興味があります。

それと同時に、

「今日はやらなくても、、、」

「また後で、、、」

なんて頭の中にモワモワっと湧き上がってくる。

でも、、、

アニメを観ることには正直何の抵抗もなくて、毎日どこかのタイミングで見てることに気付くと、

「あれ?アニメを見ることは継続出来ている」ということにもここで改めて気付きました。

他にも、ご飯を食べる、歯を磨く、トイレに行く、お風呂に入る、寝るといった生理的に必要なことは続けられてる。(当たり前か)

ただ、、、

自分が取り組んだり、取り組みたいと思うこと

「早起き」「瞑想」「散歩」「筋トレ」「ブログ」「弾き語り」「読書」「英語」「働くこと」「夢や目標に対して必要なこと」

こういった事に関しては、必ずどこかで「やらなくても良いかな?」みたいな言い訳が出てきて。

生理的な習慣は、2,3日サボったりすることはあっても必ずやらないと「お腹が減ったり」「清潔が失われたり」「なんか気持ち悪かったり」っていう現実的な弊害が出てくるから、やるんだよなぁとか思ってみたり。

つまり、、、

自分は「この状態がつづくのが嫌だなぁ」と日々生きる上で感じてることや昔からずーっとやり続けてきたことで当たり前になっていることはなんだかんだ続けているけれど、

新しく「こうなりたい」とか「こう生きたい」とか「これを身に付けたい」みたいなことに関しては、まぁ出来なくてもいいかと正直思っているということになります。

人間は生物学的な観点からも、変化を嫌う習性があることが分かっているし、自分のコンフォートゾーンから出ていく(自分の殻を破っていく)ことに対しては強い拒否反応を示す生き物で。

それは、今ある”安心・安全”を失うことが怖いからだし、「子孫を残す」という本能の元、必要な衣食住を確保出来ていれば快適なんだってこと。

つまり、“ただ生きる”ということに関して自分はもうすでに満足しているってことになりますね。

じゃあなんで続けたいの?

今の自分に満足してる自分がいるっていうことが改めて分かった上で、改めて「じゃあ、なんで続けたいのか?」を考えてみます。

これは、自分が今生きている世界では

“安心・安全”が脅かされることがないし、

唯一、平等に皆が持っている「時間」の中で、ご飯を食べる、風呂に入る、歯を磨く、用を足す、寝るという生理的な活動以外に使える時間が昔に比べて圧倒的に増えたことがあります。

「ただ、生きる」っていう次元から「どう、生きる?」っていう次元に世界がシフトしたってことが言えるんだと思うんです。

もちろん、世界には今でも食べる物に困っていたり、家が無かったり、そもそもの安心・安全を満足に確保出来ていない人達がいます。

けど、今のところ自分が日々生きている世界は、その次元の一歩先に進んだ世界になっているってことで、新しい選択肢を選ぶチャンスがあるってことになる。

また、2000年付近から格段に技術が進歩して

1人1人が自由に使える時間が更に増えて

「好きなことで生きていく」なんて言葉が流行り出して、世界全体でコロナが流行ったことで「自分が大切にしたいコト/モノ」みたいな所に自然と皆の目が向くようになって

今までの当たり前を

自分達の手で変えていけるようになった。

その上で、今ある現実から自分が本当に生きたいと思う現実を生み出すための変化を起こす手段として一つのことを「続ける」ってことが重要なんだと書いていて思いました。

かの有名なマザーテレサも

思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。

なんて言葉を残しているぐらいだから。

真実なのでしょう。

ここで、自分の話に置き換えます。

つまり、、、

自分は今生きている現状から、何かを変えて、新しい何かを生み出して、自分が望む現実を創り出そうとしてるってことになる。

“生きる”という前提の上ではまだ自分の中で必要なことになっていないけれど、

でも実現できれば自分がもっと満たされるし、納得できる。そんな生き方がしたい。

けど、自分の生きたい次元と人間の本能的に持っている“恒常性(常に定まっていて変わらないこと)”のズレの結果、言い訳をしたり、変わらなくて良い理由を考えてしまっている。

そして、

その作用にずっと負け続けてきて

なかなか思い描いた現実に届かなくて

モヤモヤしてる。そんな感じ。

じゃあ、どうしよう?

ひとまず、

「続けることの意味」と「なぜ続けられないのか?」の全体を把握できたので

その上で、改めて自分はどうするか?

を書いていきます。

〈対策〉

⓪テーマを決める。
✴︎自分に嘘をつかない生き方をする。本当に望む人生を創り出す。自分との約束を守る。

【具体的に取り組むことを決める】

【取り組む理由と目的も決める。

✴︎瞑想
毎日を美しい意識状態で過ごす為。感情に左右されない為。感謝の心を忘れない為。今ここに集中する為。自分の内側とつながる為。自分のやるべきことに集中する為。

✴︎散歩/ランニング
目覚める為。身体を温める為。自分と会話する為。美しさに目を向けられる自分でいる為。自分の内側と繋がる為。朝の澄んだ空気を吸って幸せを感じる為。

✴︎モーニングノート
自分の頭の中にある言葉を全て出し切って、スッキリする為。自分の中にある考えや感情を書き出すことで客観的に捉えて、一つ一つの考えや感情をそのまま認める為。

✴︎ブログ
アウトプットする習慣をつける為。誰かの役に立ったら、さらに嬉しいなと思った為。文章を書くのが好きだから。

✴︎筋トレ
身体を動かすのが好きだから。頭の回転を早くする為。体型を維持する為。最高のパフォーマンスを引き出す為。

✴︎読書
世界を広げる為。過去に学び同じ失敗をしない為。自分の創造力を豊かにする為。好きだから。

次に取り組むこと

✴︎ギター
弾き語りが出来るようになる為。人前で披露できるようにする為。自分がもっと歌うことが楽しくなる為。

✴︎英語
誰かに教えられるレベルになる為。より専門的な話もできるようにする為。英語やニュースを苦なく読めるようになる為。世界中に友達を増やす為。世界中に自分のホームを創る為。

✴︎スペイン語
より多くの人達と対話できるようになる為。南米で何不自由なく生活する為。教えられるレベルになる為。

✴︎コーチングの勉強
自分がしてきた経験を元に、一人一人が自分の人生を創り出すお手伝いをする為。より自己理解を深める為。

✴︎映像と写真の勉強
残すことに使命感を感じる為。自分の伝えたい事や世界観をより効果的に伝える手段として。可能性を感じるし、何より好きだから。

✴︎日々、誰かと対話する
色々な価値観に触れながら、自分なりの答えを確立していく為。

【毎日、決めた時間にやる。(出来なかった時は、その原因を排除する。感情に左右されない。】

✴︎瞑想→8時からの瞑想会。

✴︎散歩→7時30分〜8時まで。

✴︎モーニングノート→6時から6時半まで。 

✴︎ブログ→とにかく毎日書く。出す。

✴︎筋トレ→決めた種目を朝のうちにやる。

✴︎読書→待ち時間やスキマ時間。

【最初のうちは、やることを増やさない。

【ひとまず、一か月続けてみる。(小さな成功体験を積む為にも、一日一日できた自分を認めて褒める】

【毎日、続けてきた記録を残す。自分が何を感じているのか、事実を残す】

更に

こうやって決めても、負けそうになったり、折れそうになることがあるので。

【1人でやらない。】

誰かと一緒にやったり、宣言することで誰かに見られている状況を創り出す。そういう環境に身を置く。周りを巻き込んでいく。

【気持ちを吐き出す。】

自己否定からは最終的にいい結果は生まれないので、「やりたくない自分」もしっかりと感じて、認めてあげる。その上で、それでもやるんだということを改めて自分に言い聞かせる。

も合わせて実践していこうと思います。

このブログも、一つ自分が習慣を作っていく上で助けになっています。

続けた先にどんな自分がいるのか?を想像して、その先の自分から今の自分を見た時にどうしたいのか?を常に確かめながら、続けてみようと思います。

長くなりましたが、今日はここまで☺️

また明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。