ふじさん

セカダイで1番髪の毛が長いです。

なっつんです。

第2回たびるin富士山に参加をしてきました。

1.富士山登る前意気込み

2.富士山登った後感想

3.思ったこと

1.意気込み

富士山登る前、本当に心配だった。

自分は登り切れるのか。

高校の部活を引退してから早2年。

体力が落ちている。

さらに、ちょうど8月に入ってからコロナウイルスに感染をした関係で

全く外に出ず、ひたすら自分の部屋で家族から運ばれるご飯を食べて、寝て、ワンピースを見て、ちょっとインターンをする生活を送っていたから。

今回企画チームに入ったこともあって

企画に入っているのに、登りきれないみたいになるのもとっても怖かった。

心配を促進させる要素が多くて、不安だった。

でもその不安の一方で

チームで長い時間登山をするから

たくさんお話しして仲良くなれたらなあなんて

思っていた。

同じチームの人たちで協力をしあって

なんとか全員で日本一を登りきれたことは

私の人生においてとっても大切な財産になると感じている。

2.富士山登った後感想

下山きつい。

登るよりもきつい。

登ること自体は、体力というよりも

気温との勝負だった。

頂上に向かえば向かうほど寒くてしょうがなかった。

凍えていた。

下山に関しては、

ずーーーーーっと景色が変わらない。

綺麗な景色なんだけど、足場も悪くて、足元を見ていないと滑って転ぶ。

足元を見ていても転ぶけど。

それが途方もなく長いから心が折れそうだった。笑

チームの中でたくさんお話しすることは

叶わなかった気がする。

登山中はしゃべりすぎると酸素が足りないせいなのか

すぐに息が切れて苦しくなってしまう。

下山の時も、

もくもくとひたすら歩いていた。

1番感じたのは、

私でも日本一に登れるんだってこと

人生で一度は登ってみたい!って思っていたから、

とっっっても嬉しい。

富士山お疲れさまBBQも、

グダグダしてしまったけど

みんな楽しんでくれてたらいいなあ。

みんな疲れすぎてそんな体力ないかなあとか

思ったりして

BBQしないで体力残っている人が作って

みんなで食べてもいいかなとか思っていた。

でもじゅんやに相談してみたら

疲れてるからやるんじゃん‼️

て言われて

なるほど

て思って実行した。

実際、やってよかったなって思う。

シェアるで、とっても感動してしまったのが

しおんこいしとともだいのシェア。

みんながみんなハッピーの循環を作れることが

とっっても素敵なことだから、

自分のハッピーは他の人たちにも分けて

循環を作っていけたらいいなあと

思った。

3.思ったこと

みーんなだいすき!!

セカダイいいなあ

ともだい心きれい〜!!!

りさこと1on1できた!

富士山て意外と登れる

お湯もお金かかるんだ

空気薄!in5号目

しゅう見た目こわっ!!

エンターテイナーじゅんや

他にも色々あるけどなんかキリないなあ

頂上で最後にみんなで花道作ってわたるのウクレレでちびまる子ちゃん歌って

最後までみんなを応援出来たこと、とっっても

よかった!!!感動!!

やっぱりセカダイさいこうだな〜〜

みんなのことをもうちょっと知れてきたら、

他己紹介もしたいなあ😸

では今回はこんなとこでっ!!

まとまらない文章だったけど

最後まで読んでくれてありがとう🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。