自分と向き合う冒険!

自己紹介

やっほ〜!

完全にブログの波に乗り遅れてます、

金光莉彩子(かねみつりさこ)です!

タビる第1弾は、スケジュール合わずで参加できなかった〜〜

写真や動画から超楽しかったんだろうな〜と思いつつ、次の富士山を楽しみに待ちたいと思います🌈

ぜひその時はみんなと沢山話したいー! 

なんでセカダイに?

仲間がほしい!

「将来の夢はなに?」って聞かれた時に、パッと答えられないこと、

大学卒業したとして、その後ビジョンがみえてないことに不安や焦りを感じていたから、そういうことを赤裸々に話して、意見を交換して、お互い応援しあえる、そんな仲間を見つけたいと思ったのが大きい!

大学で別府に来てから大人の友達と一緒にいることが多くて、大人たちはある程度いろいろ経験をしてきてるから、どっちかというと一緒に頑張ろう!っていうよりは、見守ってくれているっていう感覚で。

それってすごく有難いし嬉しいことなんだけど、新しい機会として、お互いにがむしゃらになって何かに挑戦したり、応援したり、弱音を吐いたりできる、同年代の子たちに出逢いたいと思った!

復学に向けたリハビリ

これは超個人的理由で、私自身、休学のゆったりとした暮らしに慣れて、授業に集中することや、同年代の子たちと一緒に何か成し遂げるってことから遠ざかっていて。

このままだと、正直復学にはすごいエネルギーが必要で、気合いが要ること。

セカダイのパンフレットを見た時の印象として、大学生のサークルや学生団体のノリみたいな、”アツさ”を感じた。

そこからかけ離れてる状況に身を置く自分が、そんなかに入ってみたらどうなるんだろう?馴染めるかな?って迷ったりもしたんだけど、ある意味大学に戻る前のいいリハビリ期間になるんじゃないかなって思った!笑

セカダイという共通項を持って、一緒にメンターさんの講義を聞いたり意見を交換したり、たびるやブレイクるで挑戦やおもしろい体験を通して時間を共にする中で、仲間がいることの良さ、楽しさに気づける半年にしたい!

セカダイで挑戦したいこと

萎縮しない

自己表現が得意な人、場をつくることがうまい人などと同じ空間にいると、きゅーっと萎縮してしまうことが自分にはある。

出るタイミング掴めないな、とか頭で考えるうちに、どんどん自分の自尊心がジリジリすり減っていくような感覚!

「立ち位置がわからない!」「もはや私この中で立ち位置ないんじゃ?」とかなっちゃう。

だから、セカダイでもきっとオモシロイ人たちが沢山集まってきてて、そうなりかねない!って自分の中で勝手に危機感を覚えてます。笑

「私は私」マインドで、自分で自分の価値を蔑まないこと。これを挑戦したいというか、意識していたい!

心に素直に

いいな!と思ったことは素直に言葉にする、表現する、相手に伝える。

単純なことだけど、規模感が大きくなるにつれて、場の流れや空気を気にして自分の感想や感情を伝えきれない、というのは大学の授業で難しいと思うことの一つでした(特にzoomになるとより)

セカダイも、なかなかの人数がいるわけで、自分の感情を素直にアウトプットしていくって結構むずかしそう、って思ってます

でも、セカダイではそれをどうにか見える形で表す、言葉で自己表現するってことを自分の挑戦にしたい!

まとめ

こうしてつらつら書いてみると、私がセカダイでやりたいことって、何かおっきな事を成し遂げる、ってよりかは、自分の内面や考え方を成長させたいっていう挑戦が多いような気がする!

もちろん、でっかい事にもみんなと挑戦したいけど!

自分の中では今のところそういうでっかいアイデアはないから、みんなのおもしろいアイデアに乗っかって楽しみたい!

もちろん、その中で、自分からもやりたいことを提案できたらもっといい!

長くなったけど、これからよろしくねー!^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。