周りに回って辿り着いた覚悟

どうも、おらです!!

軽めの自己紹介

あ、一人称”おら”です。でも最近は”わし”もよく使う!ちなみにこの呼び方がハマったのは高校生からかなーー。この経緯はまた今度で。笑

超ざっくり言いますと、平日農家、休日ラーメン屋で働いてます。

農業との出会い

おらの実家は米農家です。

正直、”小さい頃はよく田植え手伝ってたなー”くらいの記憶しかない。

おらが中学生になった頃、ゴリゴリの反抗期がやってきた。”農業なんて絶対にやらない”そんな謎の反抗心が現れ始めたのだ。

そんな心に光が差したのは3年前。

夢に敗れ、何に対してもやる気がわかなくなった。

「全部一回リセットしたい、何も無い自分だから何も無いところに行こう」そう思い”無人島”に飛んだ。

無人島に行って気づいたことがある。

何にも無いってことは可能性に満ち溢れてるってことだ。

「おらも、何も無いところから何かがしたい!」そう思った。

そう思った時、頭に浮かんだのが”農業“だった。”そういや、おらんち農家じゃね?農業って何もねえとこから始めるよな!あーででも、実家はやだなー”ってことで、農業の旅に出るのであった。

とりあえず”何でもやってみよ!”と思い、花卉、野菜、果樹、米、などなど色んな農業に触れてみた。どれも、”楽しい”という感情があるが、魂が叫ぶほど沸き立つものがなかった。

農業はやりたいとは思うけど、燃える魂がないのがずっと悩みだった。

ラーメン屋との出会い

ラーメン屋は何度か出戻りして、5年目の付き合いになる。

大学一年生の時だ。

アルバイトの求人雑誌を見ていると、「笑顔と元気のある方求む」という文字が、、。

“おらやん!”そう思って応募したのが始まりです。

それがまさかの人気店。面接終わり時、店主に「飯食っていきな〜」って言われたもんで人生初めてのつけ麺を食す。これがバカみたいに美味くて。ラーメンも激うまで。

働いてるひとたちもみーんな素敵で、気づけばラーメン屋の虜に。大学の授業サボってまでバイトに行くほどラブでした。

だけど、”社員にはなりたくない””おらのビジョンにラーメン屋の道などない”。

ただ単に”ラーメン屋のバイトが楽しい”そう思っていた。

近くにあったトキメキ

そして先月、1年半ぶりにラーメン屋のアルバイトに復帰した。

平日5日はトマト農家で働いて、土日だけのラーメン屋。

今月中旬、トマトのシーズンが一旦終わりになり、1ヶ月のフリーな時間がやってきた。ということで、土日しか入ってなかったラーメン屋を平日も入るようになった。

そこで沸いた感情が「最高に楽しい」「好きすぎてしんどい」だった。

その感情のせいで毎日が葛藤だった。

「農業がしたいんだ。ラーメン屋にはならん。」

そんな時、始まった第一回プラグる。

「心の健康、、、、、、、」

農業をやる、やらない、一旦全部無しにして、自分の心に問いかけてみた。

今一番ときめくものはなんですか!?

おら「100でラーメン屋!」

ということで、ラーメン屋に就職する事に決めました!!笑

自分の人生に”就職”という選択肢は正直なかったんですが、まあ一回くらいアリかなって思っちゃいました!

目標は燃え尽きるまで働くです

じゃないと、農業に気持ちが一直線に向かないと思いました!恋愛かよって感じです。

「美味しいラーメン、笑顔と元気」

このラーメン屋のスローガンがおらは大好きです。美味しいラーメン、笑顔と元気を一人でも多くの人に届けられるように頑張ります!🔥

人生わからんすね

なんかずっと悩んでたもんが吹っ飛びました!

でもそれはセカダイに入って皆に出会わなかったらまだ悩んでたと思います!

本当に皆さん出会ってくれてありがとうございます!おらは今ワクワクしています!共に、生きることにワクワクしようぜ

長文になりましたが、読んでくれた方ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。