当たり前

おはようございます。
昨日の朝、地元に帰ってきました。

2021年はいろんなところに行っていろんな人に出会っていろんな経験ができた年。
なので今年最後は実家でゆっくりしたくて、今は人と会うことより家族と過ごす時間とこの1年の自分とゆっくり向き合い直したい時間。

今回和歌山に行ってすごく自分の心に大きな変化がありました。
これから私が歳を重ねる中で大切にしたいこと。

当たり前のことを当たり前にできる大人になりたい
ありがとうもだけれどごめんなさいが言える大人になりたい

歳を重ねるのだから大人になっていかないといけないし。
いつまで経っても子どものままじゃだめ。

こう感じたのには、やっぱり世の中には
「当たり前のことを当たり前だと思えていない大人がいる」
「ごめんなさいが言えない大人がいる」

トイレのスリッパを並べる
使った食器は洗う
床が汚れてたら掃除をする
脱いだ服は洗濯物かごへ

私はこれが当たり前だと思っていたけれど。
いろんな感情はあるけれど。

そもそもこういう当たり前のことを当たり前に育ててくれた両親に感謝したいと思った。


そう気づかせてくれる環境にも感謝したいと思った。
これを読んだことで不快にさせてしまう人もいるかもしれないけど。

たった一言でいいからかけてほしい言葉があって、たった一言だけで気持ちがほっとすることがある。
その一言に気づいて、声をかけられる人になりたい。

地元の素敵なコワーキングスペースを見つけたので地元の大好きな景色を見ながら思うことを書きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。