【和歌山】みかん援農

今月初めから今年4度目になる和歌山県にいます。
農業に興味を持つ1年前から参加したくてうずうずしてた「みかん援農
やっと夢が叶って今に至ります。

私がいるのは「和歌山県海南市」
そもそも和歌山県は果物王国って言われるほど柿にみかんの生産量がどちらも日本一なのだそう。

みかんの収穫時期は今がピーク。
海南市をはじめ和歌山県も全国のみかん農家さんはこの12月は大忙しなんだって。
農家さんによってみかんの味って少しずつ変わってくるし、木の手入れの仕方で収穫できる量も変わってくるから毎年一定の収穫量にするのが農家さんの腕の見せどころらしい。

「みかん援農」
この時期になるとそのみかん農家さんをお手伝いするべく全国からいろんな若者が海南市に集まる(=普通ではない人たち)

私は12月1日に和歌山に着いて翌日からみかん農家の「山田さん」家族にお世話になりました。
レギュラーメンバーは山田さんご夫妻と息子さん。

他にも娘さんだったり、娘さんのお友達だったり、多い時は8人で収穫をしてたんだ〜


山田さんは本当に優しくて、仕事終わりの帰り際毎日お菓子とか野菜とかたくわんとか洋菓子から和菓子まで持たせてくれた。
休みの日には高野山にも連れて行ってくれたんだ〜

仕事は7:00~17:00
昼休憩と午前と午後にお茶の時間が1回ずつ
あとはひたすら毎日みかんをハサミでチョキチョキと

小さな蜘蛛と大量のカメムシ以外は全然しんどくなかった。
山の斜面にたくさんのみかんの木が植えられてて
山田さん自身も畑にみかんの木が何本あるのか把握できてないそう。

とにかく山田さんが優しくて、私は収穫しやすいところをひたすら収穫させてもらってた。
なので正直体力はあまり消耗しなかったな。

みかん収穫のネックはなんと言っても雨が降ったら収穫できないこと。
みかんに露がついてると痛みの原因になるから。
なのでお休みが思った以上に多かった(私は雨女)

今の時期に収穫したみかんの出荷時期はなんと来年の2月頃なんだって。
これから寝かせて寝かせてまた一段とおいしいみかんになるのだそう。
楽しみだな〜

そしてみかん収穫終了とともに予定をしてた終了日より1週間ほど早い明日!
和歌山を出ます。
色々あったけど何より山田さんに出会えたことが本当に素敵な出会いになったし宝物になったなぁ。

またお手伝いにきます。
あともう少しよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。